ピクスタ 2018/12-2Q 順調

8月10日にピクスタ(3416)の2018年12月期第2四半期決算発表がありました。
順調な決算です。

決算の概要

2018年12月期第1~2四半期累計

売上 経常利益
2018年1~2Q(百万円) 1,202 62
2017年1~2Q(百万円) 1,042 -4
前年比 +15%

2018年12月期第2四半期のみ

売上 経常利益
2018年2Q(百万円) 588 32
2017年2Q(百万円) 529 -17
前年比 +11%

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2018年1~2Q(百万円) 1,202 62
業績予想(百万円) 2,594 88
進捗率 46% 70%

2Qのみで前年比+11%の増収となりました。

サービス別の売上を見てみましょう。

サービス別売上推移
17-3Q 4Q 18-1Q 2Q
PIXTA売上(百万円) 496 534 560 540
 前年比 +14% +15% +10% +13%
新規事業売上(百万円) 49 109 54 46
 前年比 -8%

2Qは既存事業の国内PIXTAが+13%と順調でした。
新規事業の減収は韓国Topic社の既存事業縮小によるものです。
もともと取り扱っていた高価格帯のデジタル素材をやめて、韓国PIXTAに経営資源を集中させよう、ということだと思います。

KPIも順調です。

KPI推移
17-3Q 4Q 18-1Q 2Q
PIXTA月間購入者数(人) 53,330 62,539 58,461 57,642
 前年比 +10% +13% +12% +12%
平均月間購入額(円) 9,306 8,543 9,563 9,380
fotowa予約件数 1,545 2,219 1,119 1,352
 前年比 +1070% +358% +174% +95%

fotowaの予約件数は千台なので、これだと収益化はまだまだですね。
収益化にはせめて万のケタに乗っけないといけないでしょう。
七五三需要のある3~4Qが勝負です。
サービス提供エリアは現在、37都道府県となっており、準備に抜かりはなさそうです。

投資判断

株価は前回決算のときとあまり変わりませんね。

ピクスタ(3416)の株価チャート 出所:株探

昨日の終値は1737円、時価総額は40億円程度です。
前回決算のときの投資判断と同様に、将来性を考えれば割安だと思います。
継続保有です。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)