ピクスタ2017/12-1Q 静観を継続

5月12日にピクスタの2017年12月期第1四半期決算が発表されました。
計画通り、新規事業への先行投資のため、大幅な減益となっています。
投資判断は、前回決算時の態度を継続し、静観です。

決算の概要

2017年12月期第1半期結果

売上 経常利益
2017年 513 13
2016年 436 65
前年比 +18% -80%

※前年同期は単体、今期は連結なので、単純比較はできないことに注意。

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2017年 513 13
業績予想※ 2413 47
進捗率 21% 28%

※2017.2.21修正後の業績予想

まず、売上についてですが、既存事業のPIXTAが順調に成長し、前年比+18%となっています。
単品販売の成長率は徐々に落ち着いてきていますが、定額制販売がすごい勢いで伸びており、今後も成長を継続しそうです。

単品・定額制販売の売上の対前年比増加率
16-2Q 16-3Q 16-4Q 17-1Q
単品 +16% +17% +11% +10%
定額制 +128% +91% +69% +58%

※表の内容に誤りがあったので、2017.8.29に訂正しました。

一方、経常利益は前年比-80%と大幅な減益となりました。
費用の内訳を見ると、「人件費」「広告宣伝費」「その他」が大幅に増えています。

16-1Q 17-1Q 前年比
仕入原価 153 170 +11%
サーバーコスト 27 28 4%
人件費 79 114 +44%
広告宣伝費 26 45 +73%
採用コスト 2 6 +200%
その他 80 144 +80%

人件費や広告宣伝費の増加は、新規事業の「fotowa」、「snapmart」、韓国版PIXTAなどへの先行投資によるものでしょう。
「その他」が増えているのが気になりますが、おそらくは2月に韓国Topic社を買収したことによる費用(コンサルに払うアドバイサリー料やのれん償却費)だと思われます。

投資判断

「既存事業は順調、新規事業はまだわからない」という基調は前回決算と変わらないので、私の判断も前回決算時に決めた態度から変化はありません。
新規事業が赤字を出さない程度に育ってくれるまで、数年間、気長に待ちます(もちろん既存事業が順調に成長するという前提の話ですが)。

株価は前回決算発表からかなり下げましたね。

ピクスタの株価チャート 出所:株探 当方で一部編集

ピクスタの株価チャート 出所:株探 当方で一部編集

昨日の終値は1217、実績ベースでのPERは26.9倍です。
まずまず割安だと思います。
私と妻の口座でも買い増ししました。
おそらく株価は数年間低迷を続けると思うので、手っ取り早く儲けたいという人には向きませんが、長期志向の投資家にとっては良い投資タイミングだと思います。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)