ピクスタ2019/12-3Q まずまず

11月13日にピクスタ(3416)の2019年12月期第3四半期決算発表がありました。
着実に成長してはいるものの、少しコストが増えて、利益は足踏みとなっています。

2019年12月期第1~3四半期累計

売上 経常利益
2019年1~3Q(百万円) 2,104 113
2018年1~3Q(百万円) 1,807 74
前年比 +12% +53%

2019年12月期第3四半期のみ

売上 経常利益
2019年3Q(百万円) 670 10
2018年3Q(百万円) 605 12
前年比 +11% -17%

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2019年1~3Q(百万円) 2,104 113
業績予想(百万円) 2,846 195
進捗率 71% 58%

3Qのみで+11%増収、経常利益は-17%となり、売上は順調な物の、利益面では前年比で大きく数字を伸ばした1Q、2Qから急ブレーキがかかりました。
つまりはコストが増えているということです。

出所:2019年12月期第3四半期決算説明資料p6

1Q、2Qに比べて仕入原価、人件費は大きく変わっていませんが、広告宣伝費が大きく増えています。
「fotowaの11月需要期に向けて先行投資」との説明がされています。
理由がはっきりしているのなら問題はありません。
その分、第4四半期のfotowaの伸びには期待したいところですね。

サービス別の売上を見てみましょう。

サービス別売上推移
18-4Q 19-1Q 2Q 3Q
PIXTA売上(百万円) 622 631 602 615
 前年比 +16% +10% +11% +11%
新規事業売上(百万円) 53 28 39 41
 前年比 +61% +100% +70% +64%

PIXTAは引き続き+11%と穏やかな成長、新規事業は+64%とハイペースな成長を続けています。

KPIを見てみましょう。

KPI推移
18-4Q 19-1Q 2Q 3Q
PIXTA月間購入者数(人) 63,098 59,630 56,432 58,980
 前年比 +1% +2% -2% +1%
平均月間購入額(円) 9,867 10,595 10,683 10,446
 前年比 +15% +11% +14% +10%
fotowa撮影件数 5,153 1,610 2,368 2,114
 前年比 +60% +103% +75% +89%

PIXTAは昨年11月に実施された単品販売の値上げの影響で購入者数は微増、単価は大きく伸びています。
fotowaは3Qも+89%と順調です。
後は書き入れ時の4Qでどれだけ稼げるかですね。

新規事業が収益に貢献できるサイズになるまでは、ちょっと厳しいですかね~。
これから新規事業を伸ばしていくにも新たな投資が必要ですし、2015年の営業利益率10%くらいまでに戻すには、もう少し辛抱が必要かなあと思っています。

投資判断

ピクスタ(3416)の株価チャート 出所:株探

現在の株価は1599円、予想PERは32.2倍、期待リターンは+25.8%です。
<期待リターン算出の前提>
2023年9月期経常利益予想:717百万円
期待株価:3,127円
NC調整後株価:1,235円

まだまだ割安なので、継続保有です。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)