ピクスタ2018/12-3Q 順調

11月12日にピクスタ(3416)の2018年12月期第3四半期決算発表がありました。
順調な決算です。

決算の概要

2018年12月期第1~3四半期累計

売上 経常利益
2018年1~3Q(百万円) 1,807 74
2017年1~3Q(百万円) 1,588 -11
前年比 +14%

2018年12月期第3四半期のみ

売上 経常利益
2018年3Q(百万円) 605 12
2017年3Q(百万円) 546 -7
前年比 +11%

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2018年1~3Q(百万円) 1,807 74
業績予想(百万円) 2,594 88
進捗率 70% 84%

3Qのみで前年比+11%の増収となりました。

サービス別の売上を見てみましょう。

サービス別売上推移
17-4Q 18-1Q 2Q 3Q
PIXTA売上(百万円) 534 560 540 552
 前年比 +15% +10% +13% +11%
新規事業売上(百万円) 109 54 46 52
 前年比 -8% +6%

3Qは既存事業の国内PIXTAが+11%でした。
新規事業は+6%でした。
増収率がいまいちなのは、おそらく韓国Topic社の既存事業縮小によるものです。
昨期4QもTopic社で臨時収入があったので、本格的な成長が数字として出てくるのは来期からだと予想されます。

KPIも順調です。

KPI推移
17-4Q 18-1Q 2Q 3Q
PIXTA月間購入者数(人) 62,539 58,461 57,642 58,140
 前年比 +13% +12% +12% +9%
平均月間購入額(円) 8,543 9,563 9,380 9,505
fotowa予約件数 2,219 1,119 1,352 2,478
 前年比 +358% +174% +95% +60%

fotowaは七五三需要のある3Q、4Qが勝負なのですが、思ったほど伸びませんでした。
会社発表では「猛暑、台風、地震の影響」とエクスキューズされていますが、今期の会社目標である撮影件数15000件の達成は難しそうですね。
長期投資家的には今期の目標を達成できるかどうかというのは大して重要ではなく、数年後にでかい事業になってくれれば良いです。
焦らず成長させていって欲しいと思います。
10月4日時点で47都道府県でサービスが開始しており、着々と手は打っていると思います。

海外PIXTAも順調そうですが、具体的な数字は出てきておらず、規模としてもまだ全社売上に影響を与えるほどの大きさにはなっていないので、まだまだこれから、といった感じです。

投資判断

期待と不安が交錯する投資家心理を反映してか、株価はボラティリティが大きいですが、結局のところ前回決算とさほど変わらない水準になっています。

ピクスタ(3416)の株価チャート 出所:株探

昨日の終値は1821円、時価総額は40億円程度です。

将来性を考えれば割安だと思います。
継続保有です。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)