ピクスタ2019/12-2Q 順調

8月13日にピクスタ(3416)の2019年12月期第2四半期決算発表がありました。
各事業が順当に成長しており、順調な決算です。

2019年12月期第1~2四半期累計

売上 経常利益
2019年1~2Q(百万円) 1,344 103
2018年1~2Q(百万円) 1,202 62
前年比 +12% +65%

2019年12月期第2四半期のみ

売上 経常利益
2019年2Q(百万円) 659 39
2018年2Q(百万円) 588 32
前年比 +12% +22%

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2019年2Q(百万円) 1,304 103
業績予想(百万円) 2,846 195
進捗率 47% 53%

2Qのみで+12%増収、経常利益は+65%で、順調に利益が増えています。

サービス別の売上を見てみましょう。

サービス別売上推移
18-3Q 4Q 19-1Q 2Q
PIXTA売上(百万円) 552 622 631 602
 前年比 +11% +16% +10% +11%
新規事業売上(百万円) 25 53 28 39
 前年比 +56% +61% +100% +70%

PIXTAは引き続き+11%と穏やかな成長、新規事業は+70%とハイペースな成長です。
8月14日に公表された決算説明会書き起こし全文では、fotowa、海外PIXTAの赤字は縮小傾向、snapmartはトントンのところまで来ているとのことです。
ただし、もし「勝ち筋」が見えれば、今後先行投資として広告費や人件費を突っ込む可能性はあるとの社長のコメントがありました。

KPIを見てみましょう。

KPI推移
18-3Q 4Q 19-1Q 2Q
PIXTA月間購入者数(人) 58,140 63,098 59,630 56,432
 前年比 +9% +1% +2% -2%
平均月間購入額(円) 9,505 9,867 10,595 10,683
 前年比 +2% +15% +11% +14%
fotowa撮影件数 1,119 5,153 1,610 2,368
 前年比 +71% +60% +103% +75%

PIXTAは昨年11月に実施された単品販売の値上げの影響で購入者数は若干の減少、単価は大きく伸びています。
fotowaはかなり順調に撮影件数が伸びていますね。

1Qに引き続き良い内容の決算です。

投資判断

現在の株価は1540円、予想PERは31.0倍、期待リターンは+25.3%です。
<期待リターン算出の前提>
2023年9月期経常利益予想:717百万円
期待株価:3,127円
NC調整後株価:1,186円

順当に成長を続けていて、安心して保有を続けられます。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)