ピクスタ 2017/12決算 良い感じ

2月14日にピクスタの2017年12月期通期決算が発表されました。
既存事業は順調、新規事業も明るい材料が多く、良い内容でした。

決算の概要

2017年12月期第1~4四半期累計

売上 経常利益
2017年1~4Q(百万円) 2,231 23
2016年1~4Q(百万円) 1,758 155
前年比 +27% –85

2017年12月期第4四半期のみ

売上 経常利益
2017年4Q(百万円) 643 34
2016年4Q(百万円) 470 9
前年比 +37% +278%

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2017年1~4Q(百万円) 2,231 23
業績予想(百万円)※ 2,413 47
進捗率 92% 49%

※2018.1.25修正前の業績予想

4Qのみで+37%と大幅な増収となりました。
定額制販売は相変わらず順調ですが、「単品・その他」の売上も+29%となっています。

単品・定額制販売の売上の対前年比増加率
17-1Q 17-2Q 17-3Q 17-4Q
単品・その他 +10% +20% +16% +29%
定額制 +58% +60% +65% +69%

これは、韓国Topic社で一時的な売上(教科書改訂に伴う大口需要)があったためで、実際の成長ラインは20%前後といったところでしょう。

KPIも順調です。

17-1Q 17-2Q 17-3Q 17-4Q
素材点数(万点) 2,340 2,540 2,780 2,990
 前年比 +39% +41% +41% +39%

17-1Q 17-2Q 17-3Q 17-4Q
単品販売月間購入者数(人) 57,291 54,004 52,182 59,986
 前年比 +12% +6% -2% -1%
平均月間購入額(円) 7,111 6,711 6,839 6,276

新規事業に関しては、fotowaが順調です。
予約件数は七五三需要のあった3Qをさらに上回り、急伸しています。
また、海外事業では、台湾が売上前年比+86%となっており、ネットワーク効果における「ブレイクポイント」を通過したかもしれません。

業績予想に対しては未達となりましたが、通期で売上が+27%も成長してくれれば十分です。総じて良い決算だと思います。

2018年12月期業績予想

売上 経常利益
2018年(百万円) 2,594 88
2017年(百万円) 2,231 23
前年比 +16% +280%

来期予想については、売上が+16%というのは若干保守的な気がします。
決算説明会動画でも社長が「固めに見ている」と言っています。
たぶん「2017年は下方修正になっちゃったので、今期は保守的にしとこう」と思ったんだと推測します。

利益面では、まあこんなもんですかね。
今年も投資を継続するようです。

投資判断

株価はちょっと上げましたね。

ピクスタ(3416)の株価チャート 出所:株探 当方で一部編集

昨日の終値は1766円。単純に予想PERを算出すると196.7倍と大幅に割高になりますが、先行投資中なので、この数字を参照するのはちょっと不適当かもしれません。
先行投資フェーズに入る前だった2016年12月期の実績PERは39.1倍です。
成長性を考えるとまだ割安だと思います。

ただ、上昇し始めるのがちょっと早い気がしますね。
まだ投資の成果が数字として出ていないのに、既に期待だけで上がり始めています。
市場の最大の関心事は「2019年12月期に大幅増益」という公約が守られるかどうかなので、今後の決算内容次第では急落する可能性があると思います。

しかし、私としては長期で結果を出してくるなら、別に2019年の結果が期待外れでも構いません。
短期的な成果を追い求めず、長い目で事業を育てて行って欲しいと思います。
5年後には株価も数倍になっていることでしょう。

気長に継続保有です。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)