エムケイシステム2018/03-2Q 順調

11月2日に保有銘柄のエムケイシステム(3910)の2018年3月期第2四半期決算が発表されました。良い内容だと思います。

決算の概要

2018年3月期第1~2四半期累計

売上 経常利益
2018年1~2Q(百万円) 924 202
2017年1~2Q(百万円) 539 159
前年比 +71% +27%

※前年同期は単体、今期は連結(非支配持分あり)なので、単純比較はできないことに注意。

2018年3月期第2四半期のみ

売上 経常利益
2018年2Q(百万円) 529 157
2017年2Q(百万円) 275 89
前年比 +92% +76%

※前年同期は単体、今期は連結(非支配持分あり)なので、単比較はできないことに注意。

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2018年1~2Q(百万円) 924 202
半期業績予想(百万円) 887 158
 進捗率 104% 128%
通期業績予想(百万円) 2015 455
 進捗率 46% 44%

半期業績予想を上回って着地しました。
大幅な増収増益ですが、前年同期はCuBe事業の(株)ビジネスネットコーポレーションが連結になる前だったので、前年との比較はあまり意味がありません。
セグメント別に見て行きましょう。

社労夢事業
売上 営業利益
2018年2Q(百万円) 341 124
2017年2Q(百万円) 275 87
前年比 +24% +43%

CuBe事業
売上 営業利益
2018年1Q(百万円) 188 32

※CuBe事業は2017年3月期第3四半期より連結開始。

まず、主力の社労夢事業が2Qのみで前年比売上+24%、営業利益+43%と順調です。
ただし、これは一過性の売上であるシステム構築サービスが好調(2Qのみで+158%)だったためで、本来の成長力より高い数字になっていることに注意が必要です。
成長の核であるASPサービスはこのような結果でした。

17-3Q 17-4Q 18-1Q 18-2Q
ASPサービス売上(百万円) 233 241 246 256
 前年比 +36% +19% +13% +14%

+14%と穏やかな成長です。
エムケイシステムが成長するためには地道な営業で契約先を1つ1つ開拓していかなければならないので、本来の成長力はせいぜい15%増収20%増益くらいでしょう。過度な期待は禁物です。

次に、CuBe事業が順調ですね。
買収して1年経っていないので前年との比較はできませんが、第4四半期(つまり1~3月)偏重の事業にも関わらず、第2四半期で利益が出ています。
またエムケイシステムのクラウド技術をCuBeに流用し、6月に「ネットde精算」、10月に「年末調整CuBeクラウド」をリリースするなど、着々と手を打っています。
書き入れ時の第4四半期がどんなものになるか注目ですね。

投資判断

株価は決算後上げています。

エムケイシステム(3910)の株価チャート 出所:株探

8月の第1四半期決算発表の後は下げていました。
減益決算で「未達」(業績予想を達成できないこと)懸念があったため、売られていました。
今回の第2四半期決算では「上振れ」(業績予想を上回ること)が好感されて買われているわけですね。

未達なら売り、上振れなら買い・・・。
「結局、安値で売って高値で買っているだけなんじゃない?」って思うのは私だけでしょうか。
中身をちゃんと見ればどっちも順調な決算なんですけどね。
長期投資家は、四半期決算の良し悪しに一喜一憂するのではなくて、「成長戦略が持続しているかどうか」だけを冷静に見ましょう。

株価は2296円、2018年3月期の業績予想から算出した予想PERは21.3倍。
フェアバリューだと思います。継続保有です。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)