バリューゴルフ2017/01決算 順調

3月14日にバリューゴルフの2017年1月期通期決算が発表されました。
順調な内容でした。

決算及び来期予想の概要

2017年1月期第1~4半期累計

売上 経常利益
2017年 1586 89
2016年 997 129
前年比 +59% -31%

2016年12月期第4四半期単独

売上 経常利益
2017年4Q 607 42
2016年4Q 281 61
前年比 +116% -31%

業績予想に対する進捗率

売上 経常利益
2017年 1586 89
業績予想 1668 100
進捗率 -5% -11%

2018年1月期業績予想

売上 経常利益
2017年 2693 148
前年比 +70% +65%

通期、第4四半期単独ともに増収減益となりました。
増収の主な原因は、ゴルフ用品ECサイト「JYPER’S(ジーパーズ)」を運営する(株)ジープを2016年9月から連結子会社としたためです。
減収の主な原因は、(株)ジープの買収費用と、広告メディア制作事業及びメディカル事業が不調だったためです。

来期予想は大幅な増収増益となっています。
(株)ジープが通期で業績に寄与することと、買収による一時的費用がなくなるためです。

投資判断

私が考えるバリューゴルフの成長戦略は以下のとおりです。

「『1人予約ランド』の認知度向上により会員数(需要)を増やす一方、提携ゴルフ場数(供給)を増やして需要を満たし、会員や提携ゴルフ場に向けて様々なサービスを並行展開していく」

※2017.2.11当ブログ記事「成長性の確認:バリューゴルフ(3931)」より

要するに、1人予約ランドが成長の核なのです。
もっと言えば、1人予約ランドさえ順調に伸びていれば、他事業の不調など細かいことは気にしなくていいと思っています。
で、これを見れば1人予約ランドが順調なのは一目瞭然です。

1人予約ランドの成長

1人予約ランドの成長 出所:2017年1月期決算説明資料p13

2018年1月期についても、広告メディア制作事業やメディカル事業が足を引っ張らないか、JYPER’Sが上手く軌道に乗るか、など心配材料はありますが、成長の核である1人予約ランドさえ順調に伸びていれば、収益は後からついてきます

バリューエーションも確認しておきましょう。
昨日の終値は1600円なので、会社発表の業績予想に基づく予想PERは27.6倍となっています。

ただ、会社発表の業績予想は若干弱気だと見ています。
業績予想では経常利益が148百万円となっていますが、2017年1月期第4四半期単独の経常利益は42百万円であることから、成長性を加味しなくても年間では42百万円×4=168百万円の経常利益を稼げる地力があるわけです。
となると、本来の収益力に基づくPERは20倍前後くらいになると考えられるので、今の株価はまだ割安だと思います。

よって、投資判断は継続保有です。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)