エムケイシステム 2019/03-3Q いつも通り

2月4日にエムケイシステム(3910)の2019年3月期第3四半期の決算発表がありました。
社労夢は順調、CuBeが足を引っ張るといういつも通りの決算内容です。

決算の概要

2019年3月期第1~3四半期累計

売上 経常利益
2019年1~3Q(百万円) 1,461 169
2018年1~3Q(百万円) 1,371 204
前年比 +7% -17%

2019年3月期第3四半期のみ

売上 経常利益
2019年3Q(百万円) 515 92
2018年3Q(百万円) 447 60
前年比 +15% +53%

3Qのみでは増収増益となりました。セグメント別に見てみましょう。

社労夢事業
売上 営業利益
2019年3Q(百万円) 385 108
2018年3Q(百万円) 329 75
前年比 +17% +44%

CuBe事業
売上 営業利益
2019年3Q(百万円) 130 -15
2018年3Q(百万円) 119 -16
前年比 +9%

社労夢事業は+17%の増収で、営業利益は+44%の大幅増益となっています。
3Qのみで比較すると、増収額は前年比56百万円です。
このうち、ASPサービスだけで前年比51百万円の増収となっています。
これは8月に実施された値上げの影響が大きいですが、新規顧客も着実に積みあがっているようで、順調そうです。
また、今のところ値上げによる顧客離れは起きていなさそうです。

一方、CuBeは3Qのみで前年比増収とはなっていますが、3Qは閑散期なので何とも言えません。
勝負どころは4Qですね。
クラウド化については一応、「顧客が大幅に増加しました」とは書かれていますが、数字には出てきていません。
まあ長い道のりになるでしょう。

投資判断

エムケイシステム(3910)の週足チャート 出所:株探

株価は決算発表後少し上げましたが、前回決算後からだと下がっています。
現在の株価は461円、予想PERは18.1倍(特別損失を含まないで計算)、単体だと予想PERは10倍程度です。

前回決算発表後、株価564円の時点では「社労夢事業を投資対象として見れば安いが、CuBeという余計なものがくっついており、CuBeの業績悪化リスクを考えるとそこまで割安とは言えない」と書きました。
※参考記事:2018.11.3 エムケイシステム 2019/03-2Q 辛抱の時期は続く・・・

しかし、ここまで株価が下がってきたとなると、さすがにCuBeというリスク要因があったとしても安いなと感じます。
買い増しもありかなと思います。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)