ポートフォリオ運用報告(2019年5月末)

1.運用結果

※通算はブログ開始(2016年11月12日)以来のリターン
現在値 ブログ開始時 通算 月次 年次
息子 1,831,105 1,091,605 67.7% -7.3% -6.4%
日経平均 20,645 17,375 18.8% -7.3% 3.1%
ジャスダック 145 114 27.5% -5.6% 6.2%

2.ポートフォリオ

銘柄 株数 購入単価 現在値 評価額 損益率 先月比
MKシステム 400 646 592 236,800 -8% 12%
クックビズ 200 1,490 1,600 320,000 7% -20%
ピクスタ 300 1,424 1,491 447,300 5% -16%
リンクバル 200 252 759 151,800 202% -20%
アートスパーク 500 757 726 363,000 -4% 13%
PCデポ 700 402 391 273,700 -3% -4%
現金 38,505
合計 1,831,105

3.売買・配当履歴

売却

なし

購入

なし

配当

なし

4.父のコメント

5月は穏やかだった4月とは打って変わって下げ相場となりました。
トランプ大統領を震源とした通商問題や世界経済の悪化懸念が投資家心理を悪化させているようです。
日経平均、ジャスダックともに5%を超える下げとなり、息子のポートフォリオも年次でマイナス圏に落ち込んでいます。

5月はクックビズ以外のすべての銘柄で決算がありましたが、アートSHD、エムケイシステムは上昇、ピクスタ、リンクバル、PCデポは下落と明暗が分かれました。
とは言っても下落した3銘柄とも悪くない決算だったと思いますけどね。
リンクバル、ピクスタともに短期的な需給要因で下げているようです。
リンクバルは大手機関が空売りのポジションを積み増しており、また社長が売りたがっています。
ピクスタは大株主が大規模な立会外分売を実施しました。
一方で、PCデポは社長が大規模な買い増しを発表し、そのおかげで見た目にネガティブな決算にもかかわらず下げ止まっているようですね。

短期筋の投機家からするとこういうのは売買の材料になるのかもしれませんが、長期投資家からすればこういうのは全無視で良いです。
業績が順調ならば、株価が割高にならない限り保有です。
株価は短期的にはこうした業績とは関係ない需給要因で大きく動きますが、長期的には業績と連動します。
なので、業績が順調に伸びていけば株価もそのうち上昇するでしょう。

4月末の運用報告で新車の話に触れましたが、5月末納車の予定が6月にずれ込みました。
家族全員、首を長くして待っています。
今年は私にとって厳しい相場環境が続いているので、こんなときは相場を離れて株式投資のことは考えないに限ります。
上手く行かないときに下手に動いて損失を減らそうとするのは長期投資家にとっては逆効果です。
というわけで、クルマが来たら息子を連れて出かけまくってやろうと思います。

↓クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)